ペニスの硬さが無い人必見!勃起時のペニスを硬くする方法

ペニスの硬さが無い人必見!勃起時のペニスを硬くする方法

ペニスの硬さが足りなくて悩んでいる人は、案外多いのではないでしょうか。だけど、そんな悩みは恥ずかしくて、誰にも打ち明けることはできません。

特に中高年になると、ペニスが硬くならずに困っている人は、少なくないようです。果たして、勃起したときにペニスを硬くする方法はあるのでしょうか。

【ペニスをノーリスクで簡単に硬くする方法ってあるの?】

年齢に関係なく、勃起時のペニスを硬くする方法はあります。ただし、それを実現するには、正しい知識と正しい手法で行うことが重要です。

そのため、ここではペニスを硬くするための正しい方法を、いくつかのパターンに分けて紹介していきます。まず正しい知識を持ち、簡単かつ確実にあなたのペニスを硬くしていきましょう。

【勃起の仕組み】

その前に、勃起の仕組みを簡単に理解しておきましょう。硬いペニスを手に入れるには、ペニスがどういうふうに硬くなるのかを知っておくことが重要です。

犬や猫など人間以外の動物は、ペニスの中に骨があります。だけど、人間のペニスには骨がありません。だから、あらゆる動物の中で、ペニスの硬さで悩むのはおそらく人間だけなのです。

人間のペニスは、海綿体と呼ばれるスポンジのような組織でできています。どのような方法を用いても、海綿体自体を鍛えることは不可能ですし、鍛えようとしても意味がありません。なぜなら、海綿体はただ血液が集まって硬く膨らむだけだからです。

だけど硬くならないから悩むわけですが、海綿体が硬くならない原因は、すべて海綿体以外のところにあります。それを知るために、ペニスはどのように勃起して硬くなるのか、まずは勃起のメカニズムを見ていきましょう。

ペニスには大量の毛細血管が集まっており、この毛細血管の中に血液が流れ込むことで勃起します。この血液が流れ込む作用は、自分でコントロールすることはできません。だから、若い頃は誰でも、突然勃起して困った経験があるはずです。

特に温泉や銭湯など、裸になる場所で突然勃起すると、どうしていいかわかりません。年齢を重ねるとそういうことはなくなりますが、それは単に勃起しにくくなっただけで、コントロールできるのとは違います。ペニスを硬く勃起させるには、海綿体に大量の血液を流し込み、その血液が元に戻らないように根元で栓をしなければなりません。

【硬いペニスにするには?】

硬いペニスにするには、ペニスに流れ込む血流を増やせばいいのです。それには毛細血管を拡張して、少しでも多くの血液を溜め込む必要があります。つまり、ペニスに流れ込む血液の量を増やす方法があればすぐに解決するわけです。

それには、ペニスの血流を促す成分である、L-シトルリンを多く含むサプリメントを服用すればいいのです。これが、ペニスを硬くする方法の中でも、一番おすすめの方法です。なぜなら、簡単にできて効果があるからです。

どのサプリメントを選べばいいかは、こちらの記事をご覧ください。

⇒効果絶大!陰茎血流促進サプリ比較ランキング!

しかし、これ以外にもペニスを硬くする方法はいろいろあるので、ひとつずつ見ていくことにしましょう。

【PC筋を鍛える】

いわゆるチントレというのがこれです。PC筋は恥骨尾骨筋とも呼ばれており、恥骨と尾骨をつなぐ筋肉です。 このPC筋鍛えることでペニスに2つの効果をもたらします。

1.大量の血液をペニスの海綿体へ送り込める。

2.ペニスから逆流する血液を少なくする。

PC筋を鍛えるには、5秒間肛門を締めて5秒間ゆるめるだけでいいのです。たったこれだけですから、いつでも
どこでもできます。回数は、「締めてゆるめる」動作を10回1セットとして朝、昼、晩、寝る前に合計4セット行いましょう。早ければ3週間程度で効果が出てきます。筋トレですから継続して行わないと効果がありませんが、怪しげなトレーニングではないので、安心して行うことができるはずです。

【ED薬を使用する】

勃起不全を改善する効果のある、いわゆるED治療薬を使うことで、ペニスを硬くすることができます。ED治療薬の代表的なものはバイアグラです。バイアグラはもともと心臓病の薬でしたが、主成分のシルデナフィルにペニスの勃起持続効果があることがわかり、脚光を浴びました。バイアグラは即効性があり、効果も高いED治療薬ですが、服用すると心臓に負担がかかるため、心臓に疾患のある人は使わないほうがいいでしょう。

ED治療薬は、心因性の勃起不全に効果を発揮します。過度のストレスで十分に勃起できなくなった場合は、バイアグラなどのED治療薬が効果的です。最近はバイアグラ以外にもいろんなED治療薬がありますので、その中から自分に合ったものを選ぶことができます。

人によっては、同じED治療薬でも効いたり効かなかったりするので、薬との相性もあるのかもしれません。ED治療薬というと、中高年になって勃起力が衰えてから使う薬というイメージです。しかし、実際には心因性の原因で勃起不全になる人も多く、そういうケースでは若い人でもED治療薬が必要となる場合があります。

中には誤解している人もいるかもしれませんが、バイアグラを飲んだからといって、常時勃起しているわけではありません。通勤時や仕事中に勝手に勃起してしまうようでは、まともな社会生活ができなくなります。あくまでも、バイアグラは性的な興奮状態になったときに、ペニスを勃起させるための薬なのです。

性的興奮を受けて勃起するのは、正常な男性なら当たり前のことですから、バイアグラはその当たり前の状態に戻すための薬ということになります。勃起不全のことを「中折れ」とか「萎える」と言ったりしますが、なぜこんな状態になるのかといいますと、勃起したいときに、勃起状態を元に戻す酵素が勝手に分泌されるからです。

バイアグラなどのED治療薬は、この勃起を邪魔する酵素が分泌しないようにする薬なのです。ED治療薬は半ば強制的にペニスを勃起させる薬なので、本来ならあまりおすすめできません。というのは、体に負担がかかるからです。

心臓が悪い人が使用すると危険なのはもちろんですが、健康な人でも薬の力を借りて強制的に勃起させると、やはり体が無理をしてしまいます。特に中高年の場合は、若い頃に比べて体力が落ちているわけですから、勃起力が低下してセックスできなくなるのは、体を守るための自衛措置でもあるわけです。

高齢者は、残った体力をこれからの人生のために大事に使うべきなのに、それを1回のセックスで一気に消耗してしまうなんて、何とももったいない話です。これは、高齢者の体のことを考えたら、あまりいいこととは言えません。

ED治療薬は、ネットで簡単に手に入りますし、専門のクリニックでも処方してくれます。しかし、使い方によっては危険な状況に陥ることもありますから、服用する際は必ず医師の指導に従うようにしましょう。

【手術でペニスを硬くする】

手術によって、ペニスを硬くする方法があります。手術と言っても、最近では切らないで済ます方法もありますし、切ったとしても日帰りでできるくらいの簡単な手術です。たとえば、ペニスにバイオアルカミドという注射剤を注入するのも、簡単な手術のひとつです。注射剤を希望する場所に注入することで、亀頭やカリの部分を半永久的に硬くしたり太くしたりすることができます。

手術はお金がかかる上に、もしかすると医療事故もあるかもしれません。また、半永久的といっても、注入剤を定期的に注入する必要がある場合も多いようです。さらに、ペニスの中に異物を入れるわけですから、違和感があったりかゆみなどの副作用が出る場合もあります。手術をする場合は、十分に検討してから行うようにしましょう。

【食生活を和食に変える】

食生活を和食に変えるのは、血液、血管、心臓のコンディションを整えるにはベストな選択です。バランスのいい食事をしなければ、悪玉コレステロール値や血糖値が高くなり、血液がネバネバしてきます。血液がサラサラでないと、勃起不全の原因になったりペニスの硬さにも影響します。

血液がネバネバしていると、それを体全体に循環させるためには血圧を上げなければならないため、高血圧を招くことになります。また、ネバネバした血液を送り出すには、心臓にかなりの負担がかかります。

さらに、ネバネバした血液が毛細血管に入ると目詰まりしたようになって、大量の血液を流れ込ませることができなくなります。これはペニスの硬さ不足にもつながりますから、ネバネバした血液では勃起不全になりやすいのです。しかも、血中コレステロール値が高ければ、血管の壁にコレステロールがはりつくため、血管の中が狭くなってしまいます。

この状態は血管の柔軟性を失わせ、血管が拡張できないために、さらに血液の循環が悪くなって勃起不全を起こしやすくなります。血流がスムーズでなければペニスは硬くならないので、ネバネバした血液は、勃起不全の元凶と言っても過言ではないのです。

脂っこい料理ばかり食べていると、血液がネバネバしやすくなります。血液をサラサラにするためには、肉や油っこい料理を中心とした欧米式の食事から、あまり油を使わず魚を中心とした和食に変える必要があるのです。

【運動でペニスを硬くする】

ペニスを硬くする方法のひとつに、運動があります。どんなに素晴らしい食生活を送っていても、運動をしなければ男性機能は活発になりません。一流のスポーツ選手がセックスも強いであろうことは、誰でも想像がつくでしょう。

これは、運動することで心肺機能が高まることも理由のひとつです。心肺機能が高まれば、血液を送り出す力が強くなるので、毛細血管の隅々まで血液が行き渡り、結果として十分に勃起することが可能となります。もちろん、運動で培ったスタミナはそのまま精力としてセックス時にも役立ちます。

ですから、運動することはセックスのため、ペニスを硬く勃起させるためにとても重要なのです。プロスポーツでなくても、何かのスポーツを長年続けている人は、みな同世代の人と比べて若く見えます。たとえ軽いジョギング程度でも、何年も続けていれば、同じ年齢の人より若々しくなります。

これは、運動によって心肺機能が高まるためにそうなるのです。たとえ健康的な食生活を送っても、しっかり運動しないと、使われなかった栄養はすべて脂肪として体に蓄積されます。この結果メタボ体質になり、血液がネバネバになってしまうのです。

ではペニスを硬くするには、どのような運動がいいのでしょうか。実は、ペニスを硬くするためには、スクワットが適しています。ただし、普通のスクワットとはちょっと違います。ここでは、スクワットで鍛える筋肉はPC筋のみです。

PC筋は肛門と睾丸の間にある筋肉で、これを鍛えることにより、勃起時にペニスを硬くすることが可能となります。PC筋を鍛えるにはスクワットだけでもいいのですが、スクワットをしながら肛門を締めると、さらに効果があります。

スクワットをしながら、肛門を5秒間締めて今度は5秒間ゆるめるというのを、10回程度繰り返しましょう。毎日これを実践するだけで、必ずペニスの硬さが増していきますから、ぜひ実行してみてください。

男性ホルモンの中のテストステロンが増えると、男性らしい体つきになるといいます。しかし、テストステロンが減少すると、今度はジヒドロテストステロンというホルモンが作られます。ジヒドロテストステロンは前立腺肥大や薄毛など、男性の体にさまざまな悪影響を及ぼします。ではジヒドロテストステロンは、どんなときに作られるのでしょうか。

実は、ジヒドロテストステロンは過度のストレスや運動不足、栄養不足などが原因でできることがわかっています。中でも重要なのが運動不足です。つまり、男性にとって大敵であるジヒドロテストステロンは、運動をすることでかなり抑えることができるのです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが減少すると現れますが、テストステロンは運動すれば増やすことができるので、この点だけを見ても、運動が男性にとっていかに大切かがわかります。

男性の中にはスポーツが好きな人が多く、社会人になっても草野球チームに入ったりして、運動を続ける人がたくさんいます。また、ジョギングを続けている人を見ても、女性よりも男性のほうがずっと多いようです。

もしかすると、男性の多くは、本能的に運動の大切さを知っているのかもしれません。いずれにせよ、勃起時のペニスの硬さは、運動している人としていない人では、運動している人のほうがずっと硬いことを知っておきましょう。

【まとめ】

ペニスを硬くするには、以下のような方法があります。

・PC筋を鍛える
・ED治療薬を使用する
・手術を受ける
・和食を中心にする
・運動をする

これらをすべて実践するのは困難ですが、できるものをいくつか実行するだけで、あなたのペニスは確実に硬さを増していきます。

また、これ以外の方法として、血流促進効果の高い「L-シトルリン」高配合サプリメントを服用することも、ペニスを硬くするためにはかなり有効なので、検討してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です